FC2ブログ

KAGURA つれづれ日記

セラピストの独り言

経皮毒が嘘!?

昨夜NEWS ZEROを見ていてびっくり!
嘘の広告や不正な勧誘を行ったとして業務停止命令を受けたニューウェイズとかいうネットワークビジネスの会社のことを批難する内容だったのですが、『経皮毒という嘘の情報を教えて商品を売りつけている』などと言い出したので、「なになにっ!?」と驚いてテレビに釘付けになりました。

ニューウェイズという会社のことは昨日の報道で初めて知ったので、どんな会社なのか良いのか悪いのかも全くわかりませんが、報道によるとそこの会員が、『ラウリル硫酸やプロピレングリコールなどが入っている合成シャンプーなどは体に毒がたまるから、うちの安全な商品を使ったほうがいい!』と言って売っていたそうです。そして必ず儲かるなどと不正な勧誘をしていたのだとか・・・

番組では「嘘の情報で人を不安がらせて商品を売りつけるとんでもない組織だ!」といった調子でいかにも悪徳業者という感じで報道していましたが、私が一番驚いたのは、どこかの大学の准教授が出てきて「ラウリル硫酸は体に害はない」と発言していたこと。ニューウェイズの会員が違法行為をしていたのは事実かもしれないし、「経皮毒」という造語(医学用語ではない)をビジネス上で使うのは適切ではないのかもしれませんが、だからといって経皮毒成分とされているラウリル硫酸やプロピレングリコールが危険ということまでも完全否定されるのは納得がいきません。

アレルギーを引き起こす可能性があるから昔から表示指定成分として扱われていたわけだし、子供の掛かりつけの小児科でも、「発泡剤(ラウリル硫酸)などが入っているシャンプーはアレルギーになる可能性があるから、ベビー用のものでも使わないほうがいい」と言われたばかり。そしてなんといっても私自身が合成シャンプーの害を受け、無添加のシャンプー&せっけんに替えたとたんに30年来の体のブツブツが治るということを身をもって体験しているだけに、テレビで害はないと断言されたことに非常に腹立たしい思いをしました。

アレルギーが出たり、害が出ている人はわずかだから問題ないとみなすということでしょうか?体に異常が出ていても、それが合成洗剤類によるものだと気づいていない人もたくさんいるはずです(私も30年間原因がわかりませんでした)。電磁波にしろ化学物質にしろ「微量なら人体に全く問題はないと証明されている」というのがこういうときに引っ張り出されてくる専門家の常套句。そりゃ一度や二度使ったくらいなら問題ないかもしれないけれど、毎日毎日使うものなのに・・・。

私がいつも利用しているグリーンCOOP生協でも、ラウリル硫酸を含め石油系の合成界面活性剤などの化学物質の危険性をうったえ、無添加のシャンプーや洗剤、化粧品などを販売していますが、そういうお店もみんな嘘を言っているというのでしょうか?最近は健康志向、ナチュラル志向の人も増え、無添加製品や布ナプキンなど体や環境に優しいものへの関心が高まっているというのに、時代に逆行するともいえるような内容の発言にほんとうに驚かされました。

しかもテレビのニュース番組というのは社会的に非常に影響力の大きいもの。中立な立場で説明する責任があるはずなのに到底中立とは思えませんでした。たとえニューウェイズが悪徳業者だったとしても、それに絡めてラウリル硫酸を安全としてしまうなんて、テレビのスポンサーになっている大手企業が合成シャンプーのメーカーだからそんな報道をするのだと思われても仕方ないのではないでしょうか。

このことに限らずですが、医者や科学者など専門家が言うことも賛否両論だし、テレビにもいろんな利権が絡んでニュースも信用できないとなると、数ある情報の中から正しいと思うものを自分の判断で選んでいくしかないわけで大変な世の中だな~と思いますが、何年か後に「あれはやっぱり危険でした」と報道されたときに後悔しないように、誰の責任でもなく自分の感性を磨くしかないと思う今日この頃です。
スポンサーサイト



*Comment

おそるべし社会の仕組みですね
ニューウェーズのシャンプー私つかっますよ
確かに販売方法は悪質かもしれませんが(アメリカの社長も昔捕まってます)
商品自体はいいのでビジネスに関わらなければいいんじゃあないかと
思って…テレビみながら裏が動いたなって思いましたよ
本当に正しいものを自分で考えないとダメな時代ですね
私はアレルギーを持ってるから、悪いのが少しでも入ってると反応が来るので使う物は私判断です
  • posted by keiko
  • URL
  • 2008.05/28 09:15分
  • [Edit]

そうなんだ~。商品はいいものなんだね。ああゆう報道をされると、マルチ商法=悪徳商法みたいに勘違いされちゃうけど、マルチ自体は違法じゃないしね。マルチまがいの悪質商法がいけないだけで・・・。
ニューウェイズも販売行為自体は別に違法じゃないんだろうけど、薬事法に違反することを言ったとかとかなんとか言って取り締まられるんだろうね。
「裏」ってやっぱりあるんだろうか・・・。嫌な世界だね。
  • posted by aimurasaki
  • URL
  • 2008.05/28 22:51分
  • [Edit]

経皮毒は信じています

ニューウエイズは経皮毒のことをいっていましたが、ニューウエイズ商品には経皮毒成分がたくさん入っています。言っていることは正しいですが、実際やっていることは違っています。
  • posted by N
  • URL
  • 2012.05/03 09:23分
  • [Edit]

Nさん、コメントありがとうございます。
そうなんですね~。ニューウェイズはぜんぜん知らなかったので、そこの商品のことも知りませんでしたが、実際中身もあまりよくなかったんですね。
そういう団体と経皮毒が一緒に扱われてしまうと、正しいことも間違っているかのように思われてしまいますよね~。
  • posted by aimurasaki
  • URL
  • 2012.05/03 13:40分
  • [Edit]

経皮毒に関しては私もブログを更新させていただいていますので、関心をおもちでしたら、【オーリングマクロビオティック】で検索なさってみてください。経皮毒の全くないものと体質改善で家族の持病が全て完治しました。ポイントはオーリングテストです。経皮毒を理解できる方が増えれば良いと思っています。今朝11時頃かなり長いコメントをお送りしたのですが、届いてないようですね。復活させるのはどのようにしたらよいのでしょう。貴女のコメントには共感を覚えました。
  • posted by N
  • URL
  • 2012.05/03 14:59分
  • [Edit]

Re: タイトルなし

Nさんこんにちは。お返事遅くなってすみません。
コメントを探してみたのですが、届いた形跡がありません。削除したわけでもないのですがどうしてでしょう??せっかく書いていただいたのに残念です。
オーリングマクロビオティック、ちらっと検索してみましたが、またゆっくり拝見します。無添加商品によく使われているBGも経皮毒なんでしょうか?PGの代わりにだいたい入っていますね。
  • posted by aimurasaki
  • URL
  • 2012.05/07 16:57分
  • [Edit]

BGは最も恐ろしい経皮毒と思っています。

お送りしたつもりの長い文にも書かせていただきましたが、BGとPGは増加している自閉症やダウン症の原因になっているのではないかと推測しています。なぜならBGとPGには染色体異常を起こすという報告があるからです。
弊社のブログの最初の方に、原因不明といわれていた自閉症の原因が染色体異常であることを、マウスの実験で広島大学医学部内匠透教授が世界初で証明されました。非常に重要な記事にも関わらず、地方大学だからでしょうか?全国紙には掲載されていませんでした。弊社ブログにはその新聞記事も載せています。あと、貴女がマスコミについて書かれていましたが、私も同感でそれについても昨年ブログに書いています。コマーシャルを抜本的に改革していただきたいですね。あと、講談社だったと思いますが、宮尾登美子著の天しょう院篤姫(上)という文庫本にあの時代の経皮毒について書いてあります。その後、奥医師の中にその因果関係を見破るものはなく・・・というようなことがちゃんと書かれています。これもお送りしたはずの文の中にページ数まで書いていましたが、弊社のブログにも書いています。本の内容は書店でご確認くださいね。

貴女のようにこのことが理解できる方はなかなかいらっしゃいません。私の周囲にも数少ないのですがいらっしゃいます。また、情報交換しましょうね。
  • posted by N
  • URL
  • 2012.05/11 10:15分
  • [Edit]

Re: BGは最も恐ろしい経皮毒と思っています。

ご丁寧にありがとうございます。
BGは信頼している無添加商品にも入っていたので、大丈夫なのかと思っていましたが、旧表示指定成分じゃないから使われているのでしょうか・・・。BGもダメとなると安全な商品を探すのが難しいですね。仕事上、お客様に対しても化粧品を使用するので、安全で効果のあるものを使いたいのですが・・・。またブログにお邪魔させていただきますね。よろしくお願いします。
  • posted by aimurasaki
  • URL
  • 2012.05/11 11:09分
  • [Edit]

こんにちは。旧指定成分でないから安全ということにはなりませんよ。例えば、エチレングリコールモノフェニルエーテルは旧指定成分になっていませんでしたが、毒性はパラベンよりもはるかに強い防腐剤です。実験途中のものは指定成分にできないものが多いと考えてください。パラベンは自然のものと化学的なものがあり、私が使用しているものは自然のものです。ですからオーリングテストは強力なプラスですから安心できます。私はオーリングテスト強力なプラス以外は信用していません。そのような優れたものは世界中探しても1~2社ですよ。私は25年前からほとんど全ての化粧品や健康食品、食品をオーリングテストしていますから自信があります。ブログには赤裸々に書いていますので引かれる方もいらっしゃるかもしれませんが、そうでない方もいらっしゃいます。ただ、本質を極めて良い物を探すのは大好きなのです。どんな質問でもお答えいたしますのでおっしゃってくださいね。私がわからないことでも、いろいろな質問は私にとっても勉強になります。調べて返答させていただきます。

 BGやPG以外の恐ろしい経皮毒はタール色素やBHAで発癌性があります。BHAブチルヒドロキシアニソールは酸化防止剤です。キャリーオーバーなので原料名には書かれない恐ろしい原料です。パーム油にセットで入っていると考えてください。悪いものか否かは私は最終的にはオーリングテストに頼っています。オーリングなくしては人生語れないくらい凄い技術です。私はノーベル賞ものだと思っています。どんなに良いことが書かれていてもオーリングしたら明らかになりますし、今まではずれたことはありません。疲れている時、体調が悪い時、集中力が途切れた時ははずれることもあると思いますがそのような時はオーリングはしません。カラーオーリングは体の内臓の状態もわかりますよ。

 弊社のブログ最近のものにお勧めの本を記載しています。日東書院の経皮毒データブック他あります。

ただ、全て正しいとは限りませんので、この箇所は違っているということもあります。取捨選択しながら読まれることをお勧めします。BGはベタベタしない、さらっとしているそうなので使用感が良いので、恐らく約98%の商品に入れられていると推測しています。自閉症やダウン症の増加を食い止めなければと思っています。約95%遺伝性がないため、自分の子孫もこのような病気になる可能性は充分考えられます。

 コメントはこれまでにさせていただいたことがなく、パソコンにも疎いので、コメント入れていただいても気づかないことがあるかもしれません。もし返信がなかったら、教えてください。いただいたコメントには全てお答えします。 
  • posted by N
  • URL
  • 2012.05/11 12:55分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

左サイドメニュー

プロフィール

aimurasaki

Author:aimurasaki
オリエンタルヒーリンサロンKAGURAオーナー
☆ホリスティックセラピスト
潜在数秘術協会認定講師

東京、京都、タイで様々なセラピーを修得。エステサロンに勤務後、京都の人気リラクゼーションサロンで店長を務め、アロマスクール講師も兼任。
2011年に別府でオリエンタルヒーリングサロンKAGURAをオープン。
現在は潜在数秘術認定講師として、個人セッション、各種講座も行っています。

最近の記事

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索