FC2ブログ

KAGURA つれづれ日記

セラピストの独り言

オススメ☆一から手作り醤油麹

P_20170701_154143.jpg

また7合ほどお米を蒸して米麹をつくりました。
米麹って買うと案外高いし、質の良いものはスーパーなどではなかなか手に入りません。
慣れたら簡単に作れますので、手作り米麹オススメです!

私がいつも使っている種こうじ(麹菌)はこちら




うちの近くの味噌屋さんにあるので私はそちらで購入していますが、あまり買えるお店ってないのでネットで買うといいですね。

作りたい料のお米を一晩水につけておいて、40~50分くらい蒸します。
食べてみて芯が残らなければOK。

それを飯台などに広げて粗熱を取り、茶こしに入れた種こうじ(粉状です)を上からふるい、混ぜてはふるうを繰り返す。

全体に混ざったら米袋などに入れて保温。
私は電気毛布にくるんで2日間保温しています。
いちお電磁波除去できる電気毛布で(笑)

電気を使わなくても保温する方法はあるのですが、これが一番失敗しないです。

お米7合に対し、種こうじは3グラムくらいで十分なので、ほんとうに安くできます。

米麹の作り方で検索すれば色々でてきます。たとえばコチラのホームページとか。

ちなみに慣れてきたらこんなに丁寧にやらなくても大丈夫(笑)私が書いてることを適当にやってもできます。

温度が低すぎると発酵しないので、そこだけ注意。高すぎても菌が死んでしまうので、電気毛布なら中くらいの温度ですね。

1~2度試すとわかってきます。

今回は半分を醤油麹、半分を甘酒にしました

塩麹の何倍も旨味があるという醤油麹。
米麹と同量(よりやや多め)くらいの醤油をかけて混ぜるだけ。
1週間毎日かき混ぜてできあがりです。
夏野菜につけたら絶品!きゅうりやオクラなどすぐ食べちゃいます。

今回使ったのはマルシマ醤油。




薄口と濃口を半分ずつ入れてみました。
うちはたくさん使うのでいつも一升瓶で購入していますが、重たいので小さいパックのほうが使いやすいかもですね。


冷やし甘酒も今までは炊飯器で作ってましたが、
今回はシャトルシェフの保温鍋でやってみました。
もち米(普通のご飯の残りでもできます)をお粥にして
60度くらいまで冷めたら米麹を投入。混ぜて保温するだけです。

水分が足りなければ少し水かお湯を足してどろどろにしておきます。
冷えたら途中で火にかけたほうがいいと書いてあるレシピもありましたが、今気温が高いせいか途中で火入れしなくても冷めず、5時間ほどでちゃんと甘くなりました。うまし(o^^o)
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

左サイドメニュー

プロフィール

aimurasaki

Author:aimurasaki
オリエンタルヒーリンサロンKAGURAオーナー
☆ホリスティックセラピスト
潜在数秘術協会認定講師

東京、京都、タイで様々なセラピーを修得。エステサロンに勤務後、京都の人気リラクゼーションサロンで店長を務め、アロマスクール講師も兼任。
2011年に別府でオリエンタルヒーリングサロンKAGURAをオープン。
現在は潜在数秘術認定講師として、個人セッション、各種講座も行っています。

最近の記事

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索